2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

年末年始休暇のお知らせ

今年も残すところ3日となりました。

皆様お忙しくお過ごしのことと思います。
体調など崩されることのないよう、ご自愛くださいませ。

さて、年末年始の休暇は下記の通りとなっております。

12/29~1/6  

今年も皆さまには大変お世話になりました。
皆さまに支えられた一年でございました。
ありがとうございました。

心より感謝をいたしております。新たな年を迎え、気を引き締め直し、
さらなる努力を重ねて参ります。
来年もよろしくお願いします。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


マニアック路線

知らず知らずのうちに最近は当たり障りのないブログになっていたようだ。

各方面から「何か一般受け狙ってる?」「らしくないんじゃない?」等、当ブログに対する激励?を頂くことがある。

んー確認すると確かに否定出来ない節がある、建築屋のオヤジの日々の生活なんて知りたくもないなあ、でもそんな激励?を伝えてくれるなんて有り難いことです。

ならば来年からは又マニアック路線をもっと追求しましょう、もしかしたら何の事やらさっぱりの日もあるかもしれません、これからもノンビリお付き合い下さい、よろしくお願いします。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


そんなの有り?

今年度省エネルギー対策で国土交通省が募集した「住宅のゼロエネルギー推進事業」、当社も申請しましたが惜しくも採択に至らなかった補助金制度があります。

その事務局から一通のメールが、内容は「辞退者が出たため次点の貴社提案物件が繰り上げ採択となります」、というもの。

なるほど、当時申請が急に始まったため実際の物件でなく、取り敢えず枠確保だけの申請が可能でした、しかし実際の建物もその確保した申請上のエネルギー削減率は守らなければない、どうやら絵に描いた餅の業者が多く、実物件を計算するとエネルギー削減率に及ばない案件が多数有り辞退せざるを得ないというオチらしい。

よっしゃー、早速今後の手続きの内容を確認するため電話します、が一点不安が残ります。

不安が的中、国土交通省担当者「既に着工している物件は駄目です。」

私「嘘・・・・・・、でもそれっておかしくないですか、駄目だと言われたから渋々着工して粛々と進んでいます、エネルギー削減率も申請時のままです、事情を勘案して特例で認めても良いのではないですか?」

担当者「すみません、駄目です。」

その後も押し問答が続きますが結果は駄目、何だかなあって感じです、絵に描いた餅ではなく、実際に建設する図面を提出し本当の削減率を計算して、現実的な高性能データが絵に描いた餅に負けて不採択になり、後に絵に描いた餅が実現不可能になり、繰り上げ採択の現実的な高性能住宅は着工済みだから駄目・・・・・・・。

書いていると又頭に来るので今日は終了します。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


メリークリスマス

仏教の我が家も恒例のケーキとチキン(唐揚げ)を家族で囲んでクリスマスです。

普段ケーキは食べないのですが、偶に食べるとケーキは美味しいです。

が、建設業は年末が控えたこの時期何かと気ぜわしい、何日まで現場作業するのか、年明けは何日から始めるのか、その間運送はストップするが材料は間に合っているのか、全ての現場で工程打合せが重要になります。

雪の事も考えておかなければならない、雪によって工程が変わることは多々あります、その点も念頭に置いておかないと慌てさせられも事もある。

凍結もそう、仮設水道は普通に凍るし(不凍柱なのに)キーボックス等は空きゃしない、寒冷地の現場は大変です、それ故に別世界の室内空間を作りたいこだわりもあるのでしょう。

まあ何を言っても寒冷地なのは事実、寒冷地には寒冷地の快適で省エネな家づくりがあります、来年もそのことにはこだわり続けて行こうと思います。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


キャロットグラッセ

毎週末にお邪魔する物づくり部 部長です。

このクリスマスどうお過ごしでしたでしょうか。我が家は、この時だけですがちょっと奮発してステーキを焼きました。ステーキの焼き方は、次の機会でと言う事で《キャロットグラッセ》メインの脇にある甘く煮たにんじんの添え物をご紹介です。我が家の子供はキャロットグラッセがとても好きで良くこれだけ作っています。

《キャロットグラッセ》

にんじん好きなだけ(今回は大1本) ベーコン1枚 バター5gほど 砂糖大さじ3 塩コショウ少々(各一つまみほど) ローリエ1枚 コンソメの素小さじ0.5 

① にんじんの皮をむいて5ミリほどの輪切りにする。(キャロットグラッセと言うとシャットー(ラクビーボールのような形)に剥いてというイメージがあると思う方もいると思いますが面倒だしテクニックが要りますし屑が出ます輪切りでOK)

② 鍋にバターとベーコンを入れ弱火にかけベーコンから香りが出てきたらにんじんを入れ軽く炒める

③ 砂糖と塩コショウを入れ軽く和え水をひたひたになるまで入れコンソメの素・ローリエの葉を入れて沸騰するまで火にかけ灰汁を取り落とし蓋をして弱火のまま40~50分ほど煮る。出来上がり

にんじん嫌いのお子様にどうぞ(我が家はにんじんをこの料理で食べるようになりました)

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


民生用燃料電池導入緊急対策費補助金

小難しい名前の補助金だが簡単に言うとエネファーム導入の補助金。

何とか今回も予算を確保できた様ですが、年々金額は減り続け今回は1台あたり45万円。

ガス業界、又その関係団体・特殊法人がどうしても普及させたいエネファーム、オール電化に押され死活問題なのは理解できます。

しかし肝心の効率がガスの消費量に対して生み出される電気の量が少ない、あれだけの導入費用をかけても費用対効果は小さいと言わざるをえないのです。

でも今後の期待はしています、効率さえ良くなれば民間のガス発電施設が各家庭にあるようにも出来るのですから。

そこさえ実現すれば爆発的に普及するでしょう、ガス関係者の皆様頑張ってください。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社