2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

IKEA

出張シリーズも最終回(そんなシリーズはない)、三郷にあるIKEAに立ち寄りです。

相変わらずデカイ、東京インテリアの5倍くらいと言っても大袈裟ではないでしょう。

しかも安い!これは目の毒です、新築されたオーナー様がわざわざ来られるのが良くわかります、大量生産・組み立て式のなせる技でしょう、システムキッチンまで組み立て式で売ってます(流石にキッチンは組立請け負いますと立て札が立ってます)。

偶にオーナー様からも組立SOSの電話が来ることもあります。

ここは大型郊外型店舗の良くある形、ララポートが隣接し、その隣にはコストコ、一回りしてみましたがコストコに至っては有料会員にならなければ店内にすら入れない(年会費4,200円)、近くに住んでいれば年会費を払っても楽に元が取れるくらい安いらしい。

今回はここぞとばかりにスケジュールを詰め込みすぎで流石に疲れました、次回からは時間に余裕を持って出張しましょう。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


都市計画

都市部の都市計画は目を見はるものがあります、ビックサイト周辺のお台場界隈・恵比寿ガーデンプレイス等、都市計画の見本のような場所が何ヶ所かありますが今回寄ったのは六本木ヒルズ周辺。

何回行っても凄い土地の使い方です、テレビ朝日・毛利庭園・グランドハイアット東京、写真のけやき坂まで密集しているのですがスペースに余裕があり都市計画の見本のような場所です。

けどこの街は足が遠のく理由があります、訳は客引きの多さ、しかも日本人ではなくでっかい黒人しかも英語、何を言っているのかさっぱりわからない、それでしつこい。

そんな街ですが今回行ったのには訳があり、高校時代仲の良かった先輩がものまねタレントとしてものまねパブにいるのです、芸名はオフコース小田、偶にテレビにも出るので知っている方もいるかもしれません。

そんなこんなで酒を飲まない私が来る街でないのですが、改めて街の雰囲気を感じることが出来楽しい旅になりました。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


ジャパンホームショー

日本最大の住宅建材見本市ジャパンホームショーに東京ビックサイトまで出かけてきました。

国内メーカーだけでなく北欧やアメリカの最新建材を見ることが出来、国産が負けている点、勝っている点を知ることが出来ます。

エコロジーの第一歩は運送から始まりますので、出来る限り地産地消が基本です、それを差し置いてまで逆転できる材料があれば輸入の選択肢も考える必要もあります。

国産材料で負けている事が多いのは開口部廻り、国産メーカーの奮起を期待します。

それにしてもこの日は気持ちが良い天気、新橋からゆりかもめに乗りガンダム見たさに台場で降り、そこからビックサイトまで歩き思いがけず良い運動もさせていただきました。

それにしても今月は出かけることが多い、ブログ更新していない日はほぼ県外にいます、県外で気付くのは都会の都市計画の大胆さ、高価であるはずの土地をここまで贅沢に使う驚きとそれに伴う効果の高さ、田舎の都市計画も考えさせられます。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


ファンタジーな家

愛知県の梶川建設さんが建設中だったモデルハウスが完成したので見学に行かせてもらいました。

見ての通り唯一無二の家、施工においてはディズニーランドの施工をした職人さんも入っていたようです。

時代に合わせてエコロジーな家でもあり、ジオパワーシステム・太陽光発電・太陽熱温水器等の省エネルギー技術も満載な住宅になっています。

ファンタジーな家で暮らしたい人には堪らないでしょう、特別な技術を使ってはいますが聞いたところ建設費は驚くほど高くはない、興味のある方はお問い合わせ下さい。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


信玄餅

毎週末にお邪魔する物づくり部 部長です。

《信玄餅》 皆さんは、お好きですか?

良くお土産で頂いて家族税全員が好きな山梨の名物《信玄餅》工場見学&アウトレットができると聞いて山梨へ行って来ました。

朝4時起き、5時出発の旅でした(日帰り)

なんと210円にて信玄餅つめ放題、家族で参加してきましたが3人で結果は、630円で42個 1個15円

お土産で頂いていた時は、有り難かったのですがこれだけあると有り難味もなく一度行けばいいやと言う事になりました。《信玄餅》年に数回頂くのが正解ですね。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


可視光透過率

シングルガラスがペアガラスになり、ペアガラスがLow-eペアガラスになり、ペアガラスの中にアルゴンガスが封入されガラス部分の性能は年々向上しています。

Low-eペアガラスも一般的に浸透してきましたがここでもう一歩踏み込んで考えてみましょう。

Low-eペアガラスはペアガラスの中に金属膜を貼り、遮熱性と断熱性を向上した優れたガラスです、日中は金属膜が鏡のように反射して外からは中が見えづらくなります。

そのLow-eペアガラスにも種類があります、なるべく日射を跳ね返す遮熱用のもの、日射はなるべく取り入れて断熱性能を高めたもの。

北欧のように冬の寒さだけをしのぐ家づくりをするのなら夏の遮熱は考え無くても良いのですが、日本の場合冬は北欧、夏は高温多湿、両方を追求する事になります。

南のガラスはなるべく可視光透過率の大きなガラスを使えば、日射によって建物内が暖かくなります、他の東・西・北のガラスは可視光透過率の小さなガラスを使って夏の日射を建物内に入れないようにします。

上の写真が可視光透過率76.2%、下の写真が可視光透過率61.9%、本当は南が透過率100%で他が0%、で明かりは取り入れてなんてガラスがあれば良いのですが、実際には存在しません、この15%の違いでも日射の当たっている床の暖かさは結構違うものです。

ガラスの使い分けだけで日射熱のコントロールが出来るのならやった方が良いでしょう、ガラスに金額の違いはありませんので。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社