2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

敷地のパッケージング

次回作「塩崎の家」の模型。

間取りに関しても深い内容があるが、まず考えるのが限られた敷地をどう利用するか。

この模型はそれがわかりやすい、長野の場合一部中心地以外車のない生活をしている方は皆無、駐車場は何台確保したいのか?庭は?家庭菜園なのか?芝生なのか?廻りからの視線は?

予算によっても内容は変わるが、基本的には外構部分も建築時に工事はした方が良い、理由は様々だとは思うが偶に建物は完成しているが外回りは土のままだったり、砕石を敷いてあるだけのお宅を見かけることがある。

余計なお世話かもしれないが、折角高いお金を出して作ったであろう建物の満足度が半減する気がするのは私だけではないはず。

外構工事はそんなにお金をかけなくても良い、小綺麗な駐車スペースとチョットした柵や塀があれば全く違ったものに見えるはず。

間取り同様、外回りも同時に計画することがお薦めです。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


体感会お礼

週末は暑い中モデルハウスまでお越し頂き有難う御座いました。

あれだけ暑くなると外と中の温度差がハッキリしてきます、体感していただくには良かったのではないかと思います。

又、今回はご案内をお出しした方限定での展示会にしましたので、ゆっくりお話をする事が出来て良かったです。

来週は信毎の不動産情報と市民新聞に体感会の案内が掲載されます、今まで見学されていない方も是非足を運んでみてください。

今週末も暑そうです、エアコンではない自然エネルギーの温度を感じてください。

お待ちしています。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


夏の体感会

今週末は暑そうです、地中熱の効果がハッキリとわかるでしょう。

夏のお得意様体感会、2週目です、先週は涼しかった・・・・先週ご来場いただいた方もご来場下さい、先週よりもハッキリ体感できるはずです。

28日(土)・29日(日)10時~

因みに本日の室外温度計34℃・室内温度計25.5℃でした。

ご来場お待ちしています。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


夏を涼しく

自然エネルギーで夏を涼しく、なんて謳っているからなのか先日築後3年の方からとある相談を頂いた。相談内容は

施工業者に、夏暑いのは当たり前です、最近のエアコンは省エネになりましたから、必要な場所にエアコンを付ければ暑い夏も快適に過ごせますよ。と言われ3台のエアコンを付けたのだが電気代は馬鹿にならないし本当に暑い日はそれほど涼しくない。

話だけでは有効な手だてが打てないので現地を見せてもらうことに。

ここでは言えないが某量販メーカーの建物、見事に南側の軒の出ゼロ・・・・・・、ほぼ一日中南側の大開口部から太陽の光がサンサンと降り注いでいる、室内は蒸し風呂状態、これではエアコン君も堪らないだろう。

さてどうしましょう、選択肢としては外部ブラインド・ルーバー、外部サンシェード、グリーンカーテン等が考えられる、お薦めはブラインドかサンシェード。

グリーンカーテンの有効性は認めるが、窓の7割くらい緑が覆うようにならないと効果は薄い、これから種を買ってきても遅いしグリーンカーテンもタダじゃない。

てな訳で現在お考えいただいている最中、エアコンの効きも違ってくるはず。

量販メーカーの価格設定では、軒を深くすると施工面積が増えるので、追加料金を取られることが多い、量販メーカーとしてはスタートの金額をなるべくインパクトのある低価格に抑えるため、あらゆる所をカットして売りやすくする会社の方針なのだろうから敢えてそこは突っ込まないようにしよう。

そう言えば思い出した、知人がとある造成地でその某量販メーカーの建築条件付き物件を購入(場所重視でそこ以外に選択肢がなく断腸の思い)する際、プランニング・仕様等私がアドバイス的に間に入ったことがあった、笑ってしまうような内容なのだが長くなるので別の機会に。

教訓・南の軒の出は深くしておきましょう、↓は軒の出2m、凹んでいる手前は2.9mの一例

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


サーモグラフィー

先日の実験の際に会場で使わせてもらったサーモグラフィカメラ。

ご存じだと思いますが、写した場所の温度がわかる優れもの。

欲しいのは山々なのだが、如何せん値段が高い!

必ず必要なものなら無理をしても買うのだが、必ず必要というわけではない、でもあったら便利。

室内では暖房の暖まり方、暖まりづらい部分などが見える、室外ではどこからどの位の温度が逃げているのかがわかる。

レンタルも有るには有るが安くない、悩みどころです。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


これも一つのパッシブ

ある方の施工例にあったロールスクリーン。

吹き抜け南に面する1・2階通しガラスに設置されたロールスクリーンの上部に穴あけ加工されている。

ガラスとロールスクリーンの間の空気は日射等により暖められる、暖かくなった空気は自然と上に上がるので上部の穴から2階天井付近へ排出される、2階天井付近の暖まった空気は自然排気口より排気される。

費用対効果を考えると効果は大きい、何しろ穴を開けただけ、効果だけを比べると外部ルーバーや外部ブラインドの方が大きいのは当然なのだが費用が違う。

どの方法にしてもカーテンなりロールスクリーンは設置するのだから手軽さにおいて右に出るものはないだろう。

かといって何でもロールスクリーンに穴を開ければ良いってものでもない、家中の空気の流れを考え排出ルートも確保出来ないと意味はない。

吹き抜け部等ルートが確保できれば有効な手だてだと思います。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社