2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

住宅省エネラベル

フラット35Sエコ(金利Aプラン)を使用するにはそれなりの適合証明が必要になります。

フラット35を使用するにはまず基本的なフラット35用の適合証明が必要になります、35年の支払いに耐えうる基本的な仕様が満たされているかどうかの審査があります。

その上で20年間の金利優遇を受けるには更なる高性能の証明書を提出するのです、その一つが「住宅省エネラベル」となります。

6月まではエコポイントのトップランナー証明書も使えたのですがエコポイント終了に伴い証明書発行も終了しましたのでこれからは「住宅省エネラベル」のみとなります。

現在はこの「住宅省エネラベル」発行のメリットが金利優遇と満足感くらいしか感じられないのが現状です、地球温暖化や省エネルギー制度を本当に考えるなら、これからはラベルのランク分けや税制優遇ランニングコスト優遇等ラベルを確保することに直接的なメリットが産まれる政策が必要になると思います。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


フラット35Sエコ(金利Aプラン)

予算終了で終わりといえばフラット35Sエコもそのうちのひとつ。

住宅建設の際住宅ローンは各種あれど固定金利でフラット35に勝るものはない。

そのフラット35の中でも断熱性能等の性能の高い住宅はSエコとして金利優遇制度がある、又その中でも特に性能の高い住宅では(金利Aプラン)と称して20年間の金利優遇制度がある。

手前味噌ではあるが弊社でフラット35を使われる場合は全てSエコ(金利Aプラン)で申請している。

20年間の支払い総額にして220万円の違いが出てくるのであればそれも当然なのだろう。

フラット35の変わっている点は申し込み金融機関によって金利が違う点、同じ商品なのに申し込む場所によって0.1%~0.3%程度の違いがある変わった商品である。

流石に変動金利には数値的には適わないが、全期間固定の安心感を得られる商品としては右に出るものはない選択の価値がある商品である。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


エコポイント終了カウントダウン

エコポイントが予算額に達し次第終了する旨の連絡がありました。(被災地は除く)

本日現在では残り153億円、21日に見たときは残り193億円でしたから一週間で40億円予約が入ったことになります、このペースで行くとあと一ヶ月で終了になる計算になります。

思い起こせば昨年からエコポイントには何十件お世話になったでしょう、新築・リフォーム問わずほぼ全ての物件でエコポイント申請をしました。

昨年はエコポイント基準を満たすために全国的に断熱材の不足なんて事もありました。

断熱の意識を掘り起こす事も含めてエコポイントは一定の効果をもたらしたのではないでしょうか、来年予算が付くかは解りませんが、ゼロエネルギー補助等に形を変えたとしても何かしらの制度が続いてほしいものではあります。

そう言えば先日国交省に提出した「ゼロ・エネルギー補助金」どうなるかなぁ、補助額が165万円と馬鹿にならない、太陽光発電設置費用を賄ってしまうレベル、何とか採択されることを望みます。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


Q1.0(キューワン)にするとどうなるか

では実際Q1.0(キューワン)にすると住まい方はどうなるのでしょう。

■ワンルームのような家の使い方になる-家中が1~2℃の温度差になるので部屋を仕切る建具は開いていることが多くなる、2月でも晴れの日は室温が20℃を越えることもあります。

■夏でも小屋裏で就寝出来る-屋根断熱がしっかりしているので小屋裏空間も十分に使える温度環境になります。

■大きな空間でも暖房効率が良い-吹き抜けなどの大きな空間でも温度ムラがほとんど無くなり、大きな空間を作っても光熱費の心配はしなくて良い。

■光熱費がとにかく安くなる-暖房期間が短くなる、暖房時にも小さなエネルギーですむことから圧倒的に光熱費は少なくなる。

良いことずくめなのですがデメリットはコスト増、快適性とランニングコストを長い目で見るか否かになると思います、長い目で見ると間違いなく増分は回収できますので、新築時及びリフォーム時には断熱性能の検討をしてみて下さい。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


Q値計算から見えてくる事⑤

今回は最近イチオシ暖房方法の電気(ヒートポンプ)暖房の場合、ヒートポンプのシステムCOP(成績係数)が最新の機種6.6の場合と少し古い機種3.0の場合ではどの程度燃費が変わってくるのかを計算してみました。

上のデーターは昨日と同じQ値1.3のお宅、最近のお気に入り機種COP6.6製品の場合です

年間暖房用電気消費量727Kwh×21円/Kwh=15,267円

では同じお宅で少し古めのCOP3.0製品を使用した場合は

年間暖房用電気消費量1,599Kwh×21円/Kwh=33,579円

と倍以上光熱費に差が出ます、これを見ると予算に余裕がある場合は最新機種に買い替えることもアリだと思われます。

色々なQ値データーを見てきましたが、これから住宅を計画される方は、是非ご自分の計画される建物がどんな性能の建物なのかを知るためにも、Q値計算をされることをお薦めします。

訂正-現在のQpex最新バージョンはVer2.71でした。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


IKEA

毎週末にお邪魔する物づくり部 部長です。

今週末は、行って来ました 【ららぽーと新三郷&コストコ・IKEA】

家族付き合いのある家族に勧められて ららぽーと新三郷&コストコ・IKEA(イケア)

我が家から高速つかって3時間、まずららぽーとですが広さは、佐久平のイオンをちょっと大きくした感じで長野に無いお店がチラホラ、コストコは、会員制のお店なので入会に3,500円ほどかかるそうで奥さんの了解が取れず入口にて退散

個人的には、本命のIKEA(イケア) 北欧の家具屋さん ほとんどの家具がキット物 自宅にて組立(物づくり部 部長)組立は、朝飯前なので期待して行ったのですがイケア内部を歩くだけで広すぎて疲れてしまい物見に行っただけのような事になってしまい終了。

片道3時間はちょっと辛いですね。

それでも行ったのだから何かこれはという物は、ららぽーとにあった沖縄のお店でオリオンのビアジョッキ&グラス前に東急ハンズにてジョッキは800円もしたのにジョッキは400円グラスは、300円衝動買いでした。

IKEAからは、コレ

イケアにてみんなが使うえんぴつ

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社