2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

フロアホッケー

この時期の恒例行事になった感のあるフロアホッケー大会。

とは言っても世間的にはまだ知らない方の方が多い競技だと思います。

付き合いの始まりは2005年スペシャルオリンピックスの競技として長野で世界大会があり、その時にボランティアでオフィシャルをしたのがきっかけ。

それ以来年に数回、全国大会や小学生大会など手数が必要なときはお手伝いに行っています。

今年は全国大会が山形で開催されたりと年々徐々に裾野が広がっていくのを感じます。

長野の地も年々チーム数が増えていき、そのうち全国大会地区予選なんてものが始まるかも知れません、そうなったら楽しいですね。

細川佳代子会長(元首相細川護煕さんの奥さん)がいつも言っていますが、フロアホッケーは老若男女・障害の有無関係なく全ての人が楽しめるスポーツです、興味のある方はやってみましょう。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


我が家でよかった

毎週土曜日にお邪魔する物づくり部 部長です。

今週は、我が家のトラブルの話です。

今週、水曜日の夕方に奥方から電話がありエコウイルのお湯のタンクから水漏れが有りお湯が一切出ないとの事、すぐに長野都市ガスに対処をしてもらったのですが金曜日の午後までお湯の出ない生活になりました。

原因は、タンク内の銅管溶接の継ぎ目に針の穴ほどの穴が開いておりそこからの水漏れでした。

写真の中央にある小さなピンホールが原因でした。

丸二日、お湯出ないの無い生活で困った事はお風呂でしたが、もともと銭湯が好きな家族これ幸いと近くの大きいお風呂まで出かけて行きました。

今回は、我が家のシステムエラーの為、大事にはなりませんでしたがお客さんの家なら一大事、このようなことが無いようにメーカーには、細かいチェックをお願いして置きました。

今回のトラブルにて文明の進化は、一つの故障で生活が立ち行かなくなる(オーバーですが) 昔からある生活の基(アナログ)な方がトラブルには、強い気がしました。お風呂は、薪の風呂、暖房も薪ストーブ、お湯は沸かしてポットへ、出来るだけ自然に!

小さなトラブルでしたが考えさせる事柄でした。

長野市・千曲市近郊自然エネルギー活用・W断熱・Q値=1.0・省エネ住宅の新築・リフォーム

                         山本建設株式会社


何と、ドラフト会議に

昨日東京での打ち合わせの後、プロ野球ドラフト会議を会場で見る機会に恵まれました。

当然初めて見るのですが、入場も各チーム紹介されて登場したりして会議といえどもほぼひとつのショーとして成立しています。

しかも登場する現在の監督さんは我々が良くテレビで見たスター選手ばかり、原監督を始めとして、秋山監督、一緒に王さん、岡田監督、星野監督等々、目の前を名だたる監督が通っていきます。

見ているとやはり日本は野球の国なんだと感じます、視聴率低下やサッカー人気に押されて、など色々言われていますが日本で野球が始まってから、今だにこれだけの人がプロ野球を目指し練習しドラフトで選ばれて涙する、やはり一番目指す人が多いプロスポーツでしょう。

でもこれだけ多様化している現在プロ野球しか無かった時代から、プロ野球もある時代となった今、どれだけの輝きを保てるのかは各チーム関係者にかかっているのだと思います、本当に大変なことだとは思いますが頑張ってください。

写真は一巡目が終わって二巡目に入る間の様子、菅野投手を巡って手前の箱から巨人と日本ハムが封筒を取り出した直後です。(その瞬間は撮影禁止だったので撮れませんでした)

因みに選択順は今季下位のチームから順番に選択になるのですが、パリーグが先かセリーグが先かはその年のオールスター1戦目の勝者が先に選択するらしく、毎年オールスター第1戦はお祭りムードではなくガチンコで勝ちに行くらしいです。

残念なことはパンチョさんの司会で見てみたかった。

多分一生に一度あるか無いかの機会を与えて頂きました、このご恩は何かの形でお返しします、本当に有難う御座いました。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


内部造作②

コンセプトハウス内部造作その2。

壁・天井貼りと同時に床のフローリングも施工します。

フローリングを貼る前には『炭』を敷き込みます。

炭は表面に細かな穴が沢山あり、穴の面積を合計すると炭1本でテニスコート1面ほどになるという。

炭の役割は調湿と臭いの除去、その効果は半永久的と聞く。

ジオパワーシステムの場合は標準的に床と天井に炭を入れています。

炭が入れ終わったら根太を敷いて杉の無垢フローリングを貼っていきます、根太の入れ方も基礎断熱独特なマニアックな施工になりますがそれは別の機会に。

床下に入れれば既存のお宅にも敷き込むことはそんなに難しくないので、日曜大工のつもりで敷き込むのも有効な手段ではないでしょうか。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社

炭だけの販売もしますので興味のある方はご連絡下さい。


塗り壁②

コンセプトハウス外壁塗り壁その2。

外壁の左官工事1回目塗りが終わりました。

ここで忘れてはいけないのが、開口部廻りにガラスネットを埋め込むこと。

目的はクラック防止のため。

塗り壁系の最大の欠点はクラックが発生しやすいこと、それを嫌って最近はサイディング系の外壁が多いのです、サイディング自体は保証も付いたりして昔より製品も良くなってきましたが、サイディング最大の欠点は目地のコーキング、このコーキングが10年もするとヒビが入ったり割れてきたり、どうしても気に入らない。

てな訳で、クラックが入らないのなら塗り壁系が最近のお薦めです、が塗り壁にも色々あり又悩むところです、製品ごとのメリット・デメリットを良く理解して一緒に楽しく材料選定しましょう。

1回目の塗り壁が乾燥したら2回目の仕上げ塗り施工が始まります、その様子は又紹介いたします。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


内部造作

コンセプトハウス外部工事に平行して内部の造作も本格的に始まっています。

大工工事は外部をほぼ完了させてから内部の工事に入りますので、外から見ると完成に近いのですが内部はまだスッカラカン状態なのです。

内部工事はまずW断熱の内側から施工する部分、充填断熱を施工します。

充填断熱には繊維系の断熱材を使用します、選択肢は幾つかあるのですが繊維系を使用している理由はズバリ「吸音」。

外貼り断熱にボード状の断熱材を使用する場合の欠点として、建物内部の反響音が結構気になる事があります、木造ですから材木も少しは吸収してくれているとは思うのですが、何せスピードの速い音に関しては期待するほど効果はありません。

そこで断熱効果と吸音効果、一石二鳥の繊維系を使用しています、けど繊維系なら何でも良いって訳ではない、気密ラインをどこに造るか?、気密シートはビニールで良いのか?や、定常計算と非定常計算で結露が発生しない方法を見極めないと長い間には逆に悪さをしかねない。

など、この手の話題はどんどんマニアックになってしまうのでこの辺で(マニアックな話題が好きな人は又ご来場下さい、とことん付き合います。)

充填断熱をしたら天井の下地を組んで天井貼り、続いて壁貼りと進みます、追って紹介いたします。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社